アロマテラピー検定試験

より深く学ぶために

アロマテラピー検定試験は、アロマに関する知識を習得しているかどうかが試される資格です。
これからアロマテラピストとして活躍したい方、趣味でアロマテラピーを楽しんでいるけれど、より深く学びたい方が、資格取得を目標に学びを深めるなど、さまざまな用途でこちらの資格は活用されています。

アロマテラピストとして活動するにあたり、必ずしもアロマテラピー検定に合格している必要はないのですが、サロンワークをする場合や、自分でサロンを開業する場合でも、自分の知識やスキルをアピールするための手段として、資格を取得される方は多いです。
ほとんどの方が資格を取得されているので、取得されていない方はやはり就職活動などにおいて不利になる可能性が高くなります。

アロマ関連の資格はさまざまなものがあり、アロマテラピー検定を運営している機関でも、ほかにいろいろな資格を展開しています。
これらの資格は、このアロマテラピー検定に合格していることが受験資格になるものが多く、さまざまな資格試験を受験するにあたり、登竜門的な役割も果たしているのです。
このほかにも、アロマテラピー検定に合格していることが受験資格となる資格はたくさんあります。

アロマテラピー検定の種類

アロマテラピー検定は3級から1級までありますが、いきなり1級を受験することも可能です。
同じ期間が運営している「アロマテラピーアドバイザー」の資格はアロマテラピー検定の1級に合格し、所定の講座を受けていることが受験資格となりますので、ほかの高レベルなアロマテラピー関連の資格を受験したいという方は、1級を目指して受験を進めていくことをおすすめします。

3級に比べると、1級はかなり難易度が高くなりますが、独学で学んで受験し、合格している方もいらっしゃいますので、チャレンジする価値はあります。
独学が不安な方は、通信講座やスクールなども充実していますので、これらのシステムを利用されるとよいでしょう。
詳細はアロマテラピー検定のサイトで確認してみてください。

・参考サイト:アロマテラピー検定試験

アロマテラピーは、仕事としての需要もありますし、自宅でも活用できます。
また海外では医療機関でアロマテラピーが活用されており、自宅でも代替医療としてアロマテラピーを医療に役立てている方も多いので、多方面で活用できる、汎用性の高い資格であるといえます。
アロマテラピーに興味のある方は、資格取得を学習ツールとして学ばれている方も多い様子。
興味のある方はぜひ受験されてみてはいかがでしょうか。

▼アロマセラピスト体験談(作成中)