キャリアカウンセラーの体験談

まだまだ認知されていない資格

キャリアカウンセラーはカウンセラーとも違う仕事であり、カウンセラーというとそれ自体仕事として認知されていますが、キャリアカウンセラーというとまだまだ認知度は低く、仕事が少ないのが現状です。

そして何より、相談者のキャリアに関する悩みを解決していくという職業なので、キャリアに関する深く広い知識が仕事で求められます。
そのために、自分自身も社会人としての経験がないと仕事をするのが難しく、仕事をするなら幅広く仕事をしていた方が役に立ちます。

体験談

それではキャリアカウンセラーの体験談を紹介します。

・私は前職は営業の仕事をしていました。
そし転職活動をしているときに、ある相談機関に行ったときにキャリアコンサルタントという仕事を知り興味を持ちました。
仕事で悩む人の手助けが出来るのは、自分にぴったりではないかと思い資格取得しました。

資格取得後は仕事があるのか少し不安でしたが、ハローワークで相談すると自分にあう就職先を見つけられました。
キャリアコンサルタントという仕事をする上で身につけた知識だけでなく、営業での相談や仕事に関する知識なども役立っており、自分のいままでのすべての知識と技術が今の仕事に活かされています。
更には仕事では他人へアドバイスを行いますが、それ以外にも自分への将来を考える手助けにもなっています。

資格を取得する時に、同じ講座を受けた人とも今も交流があり、同じ職種なので勉強が出来る点が良いです。
ファイナンシャルプランナーなどの資格を取得している人もいますので、資金計画や社会保険についてわからないことではアドバイスをもらっています。

それではもう一つの体験談をご紹介します。

・キャリアコンサルタントはまだまだ知られておらず、資格を活かして働ける職場は限られており、公的機関がメインとなり、それ以外では派遣などとして働くしかないのが現状です。
仕事の選び方によっては就職に直結するとは限らないので、注意が必要です。

ただし若者の就職難や早期退職者などによって、これからはキャリアコンサルタントが必要とされる機会は増えていくと思います。
やはり仕事をする上では、キャリアに関する知識が求められるので、仕事を始めた頃はカウンセリングという仕事も初めてだったので、慣れるまでが大変でした。

それでも私はまだまだ一人前とは言えないので、これからも更に勉強して技術と知識を広げていきたいと思います。
特に仕事では、様々なケースの悩みを取り扱いますが、解決するのが困難な場合もあり、そのような相談がきたときが、キャリアコンサルタントの腕の見せ所でしょう。
あまり感情を入れすぎても困るので、その辺も注意しながら仕事をしています。

CDA資格認定試験

資格について

CDAはキャリアカウンセラーの意味であり、日本キャリア開発協会が認定しているスクールで養成講座を受けると取得できる資格です。
キャリアカウンセラーは資格が必ずしも必要ではありませんが、未経験で資格なしでは仕事をするのは難しく、特別な知識やスキルが仕事で必要なために、資格を取得して技術や知識を学ぶべきです。

仕事内容としては、カウンセラーと名前が付くのでカウンセリングをするのが仕事ですが、同時に相談者の問題解決も行っていきます。
従来のカウンセラーは話を聞くことに重点を置いていますが、キャリアカウンセラーは問題解決まで踏み込むので仕事内容が少し違います。
そして相談内容はキャリアに関することであり、希望の職種に就くにはどうすればいいか、自分に適した仕事は何かなどと、一人一人のキャリアに関する問題を解決していきます。

このような仕事内容のために、もしも資格を取得してキャリアカウンセラーとして仕事を始めたとしても、仕事に必要なスキルは仕事を行いながら徐々に身につけていきます。
今日明日とすぐに身につくようなスキルではないので大変です。
資格を取得する前でも、企業での学生相談などをしながら、将来に備えてスキルを磨いているような方もいます。

実際にキャリアカウンセラーの募集状況を見ると、未経験での募集は少なく、そのために経験者が優遇荒されます。
もしも未経験なら、ボランティアや学生相談などを行って経験を積むのが良いかもしれません。

試験について

養成スクールで技術や知識を学んだ後は、最後に認定試験を受けて、その試験に合格すると資格を得られます。
試験は1次試験と2次試験とで分れており、もしも1次試験のみ合格した場合は、2年以内であれば1次試験は免除されます。
1次試験も2次試験も例年の合格率は50%ほどとなっており、さほど難しい試験ではありません。

試験は20歳以上で社会人として3年以上の経験があり、スクールでCDAカリキュラムを受講した方が受験資格が得られます。
2次試験は1次試験合格者が受験できます。
毎年1次試験の2ヶ月ほどあとに2次試験が行われています。

1次試験では筆記試験があり、90分間で4択式50問、記述式2問、論述式1問出題されます。
合格基準は全体で70%以上の正解であり、記述と論述の合計が40%未満の正解だと、その場合はそれだけで不合格です。
2次試験は実技と面接が行われ、様々な面から評価されます。
1次試験は受験料税別15,000円、2次試験は受験料税別20,000円がかかります。
試験は札幌から沖縄までの7つの会場で行われることとなりますので、近くの会場まで出向くこととなるでしょう。